無料ブログはココログ

Communication

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

2006年7月26日 (水)

健康食

最近、我が家では玄米を食べています。
白米と2:1の割合で合わせて炊いています。
最初はちょっぴり不安だったけど、意外とおいしい。
玄米が硬いから、しっかり噛んで食べるようになって、ご飯自体を味わいながら食べています。

前は、外食する時も好きなものばかり選んでいたけど、最近は、体のことを考えて選ぶようになった。
そろそろ、食べものの好みも変わる年頃か???

2006年7月24日 (月)

非常識な生徒と保護者たち

ピアノの生徒とその保護者に、ちょっと非常識な人たちがいて困ってます。

・レッスン時間を2/3以上過ぎて遅れてきても、何の連絡もしてこない

・反対に、前の時間の生徒のレッスン中に、(自分のレッスン時間の15分以上前に)くる

・レッスン中に保護者がドアチャイムも鳴らさずに、勝手に家の中に入ってくる

・教室の備品や家のものを勝手に取り出して使う

・手を洗ってこない

・マニキュアを付けたまま来て、鍵盤の上にぼろぼろ落としていく

などなど。

まだまだ、色々あるけど書ききれない。子どもにも保護者にも、気づいた時点で注意はするんだけど。
特に保護者はなおらない。
子どもの場合は、教室のルールだから、といえば大抵は守ってくれるんだけどね。困ったものです。

2006年7月21日 (金)

深夜の散歩

さっき、おなかがすいたので旦那と一緒に近所でおいしいと評判のラーメン屋に行った。
が、閉まっていた(T_T)
夜8時に開店して、朝6時までやっているらしいのだが、夜中に行ったのに閉まっていた。なぜだ〜〜〜。
このまま帰るのは悔しいので、ブラブラ深夜の散歩を楽しんできた。
いやー、ほんとに真っ暗で何もない場所だ。
前から田舎だなと思っていたけど、地元の福山よりも、うんと田舎だな。
改めて何もないことを実感したよ。

仕方ないので、帰ってカップ麺とビールで我慢。
第3のビールとやらを買ってみたんだけど、ビールじゃない!
騙されとる!
ビール嫌いの旦那ですら、「まずい」って。

はぁ〜〜。
その後さらに仕事に戻る。
私は、原稿の下準備をしていて、とにかく大量のコピペの単純作業中。
ちょっとアルコールが入ったことで、微妙にハイになったようで、意外と進んだぞ。

「そろそろ寝るか」と、隣部屋から声がするので、今日はここまで。

2006年7月19日 (水)

貞子?小力?

最近、暑かったので髪を結っていたんだけど、今日は(もう昨日か)涼しかったので、髪をおろしてみた。

鏡に映った自分の姿が、長州小力に見えた。ノ〜〜〜〜〜!

ちょっと首を傾けたら、髪が顔にかかって貞子になった。
「これは使える」ムフフ。
いたずら心に火が付いた。

そ〜っと足音を忍ばせて、旦那の仕事部屋へ。
柱の陰から恨みがましく、覗いてみた。そのまま、しばし停止。
約5秒後、殺気を感じた旦那が振り向く。
この世のものとは思えぬ形相で驚いていた。そして、しばらく心臓をさすっていた。

成功成功!ニヤリ

しかし、「年とって同じことやったらホントに死ぬぞ」と怒られた。

なるほど…

2006年7月18日 (火)

うちの子たち

旦那が最近せっせと子どもたち(ハムスター)の写真をとっている。
一緒に暮らしていると、ハムたちも、表情が変わって、機嫌が良かったり悪かったり、色々あることがわかる。
今日は、久しぶりに涼しい1日だったので、2匹とも穏やかな顔をしてました。
ここ数日、サチは、ちょっと目が三角でした。
上目遣いで見られると、睨まれているような感じでした。
とくじろうは、滅多に外で寝ないんだけど、さすがに暑いのか滑車の下で丸くなっていました。

写真
左:顔洗い途中のサチ。ぶさいく〜!
右:ケージの屋根の上で遊んでいるとくじろう

2006年7月13日 (木)

やさしい女医さん

夕方、ピアノのレッスンが終わってすぐに、松戸にある動物病院へ「さち」を連れていった。
どうも、おなかの具合が悪いようなので…。

「りんりん」を連れて行っていた近所の病院に行くのは、ちょっと抵抗があって、遠いけど小動物専門の病院へ行ってきた。

やっぱり、専門の病院はいい!
完全予約制の病院で、ものすごく細かく症状などを聞いてくれるし、飼い方について色々とアドバイスもしてもらった。

ハムスターに関する書籍も執筆している女医さんだったんだけど、動物に愛情もって接してくれているようで、「さちちゃん、さちちゃん」って呼びかけながら、「次は○○するから、ちょっとおなか見せてね」といって診察してくれていた。

検査をしてもらって、虫やカビはいないけど、おなかのなかの悪玉菌がちょっと多いとのことで、薬を出してもらいました。

早速、家に戻っておくすりに挑戦。
粉薬を水で溶いて、注射器に入れて飲ませるのだけど、うまくいきませんでした。
無理やり、口の中にいれたので、相当嫌がっていました。
きっと、私嫌われちゃったなー。
(でも、ハムはすぐ忘れちゃうから、いいんだけどね)

早く、良くなってほしいな。

2006年7月 9日 (日)

新しい家族

リンリンにそっくりなハムスターが、我が家の新しい家族に加わりました。
名前は「サチ」です。
船橋まで行って、旦那と一緒にペットショップをはしごして探して来ました。
見た目は、リンリンの小さい頃にそっくりだけど、性格は全然違います。
ごはんをたくさんほおばることなく、1つずつ丁寧にゆっくり食べるし。
極度なビビリやのようで、ちょっとした物音でもかたまってしまいます。
なので、まだ手に乗せてあそべなくて、ケージからちょっと離れて眺めています(笑)
先輩ハムスターの「とくじろう」は、「サチ」が気になるようで、ちょくちょく覗いています。
今度は仲良しになれるかな?

写真左:小屋につかまって上を見上げている
写真中:トイレの中から出てきたところ
写真右:小屋の中で足をバッテンにして寝ている

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »