無料ブログはココログ

Communication

« 2010年8月 | トップページ | 2011年3月 »

2010年12月

2010年12月11日 (土)

独習PHP 第2版

9784798121512 せっかくブログも新設したので(といっても既に数か月以上経過…((・・;)))、近年の書籍についても少しずつまとめておこうと思います。

まずは、独習PHP 第2版からです。
http://www.wings.msn.to/index.php/-/A-03/978-4-7981-2151-2/

改訂というと、いつも悩むことがあります。
というのも、改訂が改善ではなく改悪にならないかということ。
一生懸命に最新情報を盛り込んでも、結果的に盛り込みすぎて判りにくくなってしまった、あるいは、省いたところに貴重な情報があったというのはよくあることです(これまでにも何度か痛い目を(--;)。

特に前版が比較的好評(=あまり要望が挙げられていない)だったりすると、改訂には臆病になってしまいます(^^;
#逆に不評だと思いきって変更できるので、改訂はしやすかったり。。

ちなみに、独習PHPの場合は商業的には良い結果を出した書籍でしたが、晩年?、Amazonなどでは「もっと突っ込んだ説明がほしい」「基本的なテーマをもっと手厚くしてほしい」などのレビューも多く挙げられており。改訂作業を開始した時には、良い意味で改訂しやすい部類の書籍になっていました。

ということで、今回はかなり大幅に改訂を敢行。かつての書籍では後半のかなりの部分を占めていたPEARやSmartyなどのテーマをほぼ完全にカットし、その代わりに前半の制御構文から関数、オブジェクト指向などを強化しました(ほぼ完全に書き下ろしです!)。また、昨今の開発には欠かせないセキュリティの解説にも1章を割いています。

結構細かな部分まで踏み込んでいますので、完全にプログラミング初学者という方には難しい部分もあるかもしれません(編集部からはオブジェクト指向などはカットしても良いのでは、という意見もあったくらいですので…でも、これからの開発には絶対必要な知識ということで残させて頂きました)。そうした意味では、どちらかというと、前にPHPについて軽くは学んだが、今一度、基礎をきちんと確認したいという人の再入門向けと思って頂いた方が良いと思います。

やや読む人を選ぶ書籍になってしまったかもしれませんが、きちんと読破して頂ければ、きっと体系だった知識を得られると思っていますので。是非、じっくりと読んでいただければと思います。

感想、お待ちしております!

#なお、今回、本編からは外れてしまったPEAR、Smarty、あるいは、それ以上のフレームワークなどについては以下のような書籍も併読ください。

PHPライブラリコレクション
http://www.wings.msn.to/index.php/-/A-03/978-4-7981-1495-8/
Zend Framework徹底入門
http://www.wings.msn.to/index.php/-/A-03/978-4-7981-1712-6/

2010年12月 7日 (火)

JavaScript本格入門

9784774144665_2 JavaScript本格入門が先月発売になりました。
http://www.wings.msn.to/index.php/-/A-03/978-4-7741-4466-5/

まず最初にですが…この書籍、2008年に「JavaScriptマスターブック」(以降、MB)という名前でマイコミさんから刊行させて頂いたものの改訂版です。書籍には明記していますが、Amazonなどにはそうした注意書きはないようなので、ご注意ください。

旧MBにも改訂という話が出ていたのですが、マイコミさんのプログラミング書籍関連の編集部が縮小されてしまったことから、あえなく絶版となってしまったものを、今回、技評さんに拾って頂きました(編集のDさん、ありがとうございますm(_ _)m)。

本書では最先端の技術を扱うことを目的とはしていません。具体的には、今話題となっているHTML5関連の周辺APIなどは扱っていません(こちらはこちらで別途計画中ですので、乞うご期待(^^))。

既に枯れたJavaScriptの基本的な構文や考え方を今一度きちんとおさえていただくことを目的とした書籍としたつもりです。もっといえば、JavaScriptを今一度きちんと入門したいが、オライリーさんの分厚いJavaScript本はちょっと…という方に向けた書籍です。

奇しくも先日読者の方から以下のようなメールをいただきました(抜粋)。

---
Javascriptの基礎的なことが分からないまま、今までホームページなどで部分的に使っていました。しかしながら、たまに行く書店で見渡しても、基礎から応用まで網羅した書籍が今まで無かったように思います。本書は未購読ですが、目次から察すると、自分の目的にかなった内容と想像します。購入検討します(Sさん)。
---

まさに、このような方に読んでいただきたい書籍ということで(^^)。著者としては、特に4、5章の関数、オブジェクト指向は特にきちんとおさえていただければと願っています。

読まれた方、忌憚なき感想をお待ちしております。


[以下、後日追記]

ありがたいことに、早速、何人かの方がブログで書評を書いてくださいました。
勝手ながら、以下にご紹介させていただきます。みなさま、ありがとうございます!

  • http://t32k.com/mol/2011/01/javascript-introduction/
    → 図解を褒めていただけてすごく嬉しいです。なにせ、絵が苦手でいつも図には悩まされておりまして。。。
  • http://blogahf.blogspot.com/2011/02/javascript.html
    → ご指摘ありがとうございます。仰る通り誤植でした。すみませんm(_ _)m サポートサイトの本書訂正にUpしました。増刷時にも訂正させていただきます。
  • http://www.kfactory.net/?p=1909
    → そうなんです。仰る通り、「なあなあ」を「きちんと」にするのが本書の目的でして。意図を汲み取っていただけて、嬉しいです。
  • http://d.hatena.ne.jp/haru-tama/20110211/1297440292
    → すごく丁寧な書評、ありがとうございます。ポイントまでご紹介いただき、大変光栄です。
  • http://twistbendcoupling.net/942/javascript
    → JavaScriptが大嫌いとのことで、ドキドキしながらブログを読み進めました(^_^;) でも好評価をいただいたようで、ホっとしております。
  • http://d.hatena.ne.jp/naoki0311/20101224/1293163053
    → 「入門書」について、アピールいただきありがとうございます。初心者にこそ押さえておいてもらいたい箇所を意識して書いた本なので、仰る通りまさに「入門書」です。
  • http://chutablog.blogspot.com/2011/05/javascript.html
    → 「HTMLやAjaxでサーバーが返すXMLをDOMで操作するときの、ツリー構造の図がとてもわかりやすい」とのお褒めの言葉、ありがとうございます。
  • http://d.hatena.ne.jp/aoki1210/20111008/p1
    → 「スコープ(間違いやすいポイント)、関数リテラル、高階関数、クロージャといったJavaScriptの特徴的な機能が面白かったです。」とのこと、ありがとうございます。

« 2010年8月 | トップページ | 2011年3月 »