無料ブログはココログ

Communication

« 2010年12月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月12日 (土)

WINGSプロジェクト 準メンバを設置

実はひっそりと?WINGSプロジェクトで準メンバ募集を始めています。
執筆を行って頂く正規メンバに対して、その査読やレビューを行って頂く準メンバという位置づけです。
#正規/準という言い方がイマイチなのですが、これから良い名前を考えていきます。

これまでは正規の執筆/翻訳メンバのみを募集していたのですが、純粋な執筆集団という感じで、参加のハードルが高かったという反省がありましたので、多少でも気軽に参加頂ける土壌を作っていこうという意図です。

また、準メンバの方のご参加によって、メンバにより広がりを持たせていくと共に、できればみんなで書籍や記事を作っていくというコミュニティらしさ?をより作っていければと思っています。

これまで執筆まではできないけれど…と参加を躊躇っていた方もこれを機会にぜひ、参加を検討してみてはいかがでしょうか。

参加応募はこちらから。
http://www.wings.msn.to/index.php/-/A-11/

21. WINGSプロジェクトで携わりたい分野を「査読/レビュー」としてください。

#こちらも執筆メンバを想定した応募要項なので、順次準メンバに向けた要綱を作成していきたいと思います。

最後に、準メンバとして参加するメリットを思いつく範囲で挙げておきます。

  • 新しい記事をいち早く読める
  • 執筆の様子を傍で一緒に体験できる
  • 査読では執筆メンバと交流できる
  • 書籍レビューでは新刊を無償でご提供

では、たくさんの皆さんのご参加をお待ちしております。

2011年3月 2日 (水)

独習ASP.NET 第3版

9784798122199_4 

配本からやや時間が経ってしまいましたが、以下の書籍が先月配本になりましたので、ご紹介です。

独習ASP.NET 第3版(翔泳社)
http://www.wings.msn.to/index.php/-/A-03/978-4-7981-2219-9/

正直、第2版から全面的に手を入れています。第2版をお持ちの方も、「な~んだ、改訂か」と思わず、是非に手に取ってみていただければ嬉しいです。著者的なポイントは、以下の通り。

(1)初版、第2版の集大成
普段の改訂では、ひとつ前の版をベースに作業することはあっても、それ以上前の版を引用することはあまりないのですが、今回は敢えて初版の内容も復活させています。

というのも、第2版ではサーバコントロールの解説に偏っていた反省があったためです。ASP.NET 2.0(第2版)では、とにかく便利なサーバコントロールが増えて、「あまり
難しいことは考えず、フォームデザイナへのコントロール貼り付けだけで手軽にどんどん開発しよう!」という雰囲気が強く、書籍もそんな空気の中で作成したのですが、その分、基本的な考え方を理解する、という本来の独習的なポリシーが薄れてしまったという問題がありました。

そこで第3版では今一度、独習の原点?に立ち返って、第2版では比較的弱かったPageオブジェクト、ポストバックやビューステート、ライフサイクルなどなど、ASP.NETフレームワークとして理解しておくべき考え方、また、サーバコントロール以外の組み込みオブジェクトやキャッシュ、部品化技術など、より中級にステップアップするためのテーマを初版から復活&強化しています。

#「あおきのTechメモ(http://d.hatena.ne.jp/aoki1210/20110225/p1)」でも、id:aoki1210
さんがこの辺に注目して頂いたようで。著者としてはニヤリとしていました(^_^)

(2)言語はVisual Basic&C#両対応
書籍上はVisual Basicでのコード紹介になりますが、ダウンロードサンプルではVisual
Basic、C#に双方対応しています。

これは旧版でも同様だったのですが、気づいていただけなかった方もいたようで、「VB版がほしい」(第2版の紙面はC#で紹介)などのリクエストがありました。改めて、本書は両言語対応ですので、是非是非ご利用ください。

#もっとも、紙面上はどちらで紹介するかはいつも悩むところです(もちろん、両方掲載できればよいんですが、いかんせんページ数が…)。WebフォームはまだまだVBユーザの方が多い、ASP.NET MVCであればC#、などという著者
の勝手な思いこみがあるのですが、実際のところはどうなんでしょう??

(3)とにかく基本を重視!
(1)とも関係しますが、今回はあえて先端を追いかけていません。たとえば、データベース技術はもうLINQ、Entity Frameworkで紹介しても良いかな~とも思ったのですが、なんにせよ、
ADO.NETを理解していなければ始まらないだろう、ということで、あえてLINQなどの世界は無視しています。その他も新しいASP.NET動的データやASP.NET MVC、Azure、Razorなどには踏み込まず、クラシカルな
Webフォームの、できるだけ基本となる機能を優先して扱うようにしています。
#脱稿が8月末だったので、Razorはそもそも対象外ではあったのですが(^^;

賛否が分かれるところかもしれませんが、これだけ巨大になってしまったASP.NET(.NET)の世界を1冊で紹介しきるのは無理なので。まずは基礎固めをしたいという方のために、「とにかくこれだけは絶対押さえておきたい!」というテーマを選択したつもりです。

MS MVP for ASP.NETとして、ここ数年の集大成としたつもりですので、是非、じっくりと読んでいただければと思います。感想、お待ちしております!

#なお、今回、本編からは外れてしまったASP.NET MVC、Azureなどについては以下のような書籍も併読ください。

Windows Azure 実践クラウド・プログラミング for C#/Visual Basic/PHP
http://www.wings.msn.to/index.php/-/A-03/978-4-7980-2695-4/

ASP.NET MVC 実践プログラミング - .NET Frameworkによる標準Web開発技法
http://www.wings.msn.to/index.php/-/A-03/978-4-7980-2401-1/


[以下、後日追記]

ありがたいことに、早速、何人かの方がブログで書評を書いてくださいました。
勝手ながら、以下にご紹介させていただきます。みなさま、ありがとうございます!

http://d.hatena.ne.jp/aoki1210/20110225/p1
→ MVP C#青木さんのブログです。本文の通りです!(^^)

http://blogs.itmedia.co.jp/chack/2011/02/aspnet-33a6.html
→ エバンジェリスト井上さんのブログです。WINGSまで含めてご紹介ありがとうございます!ブログコメントも嬉しい限りです~

http://d.hatena.ne.jp/naoki0311/20110309/1299620240
→ MVP ナオキさんのブログです。配置パッケージ、次?は盛り込ませて頂きます!

http://d.hatena.ne.jp/zecl/20110419/p1
→ Zeclさんのブログです。F#のご指摘ありがとうございますm(__)m

« 2010年12月 | トップページ | 2011年4月 »