無料ブログはココログ

Communication

« 2011年5月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年6月

2011年6月19日 (日)

10日でおぼえるjQuery入門教室

9784798123448久々の10日でおぼえる~シリーズです!

10日でおぼえるシリーズは、実は2001年の「10日でおぼえるXML入門教室」からのお付き合いなので、現存しているシリーズではもっとも長いお付き合いになります。

もっとも、10年目にして、10日シリーズの紙面が大幅刷新され、いくつかの初めてがありました。紙面そのものについては、既に他の方が書かれたAndroid、Wordpressなどが刊行されていますので、ご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんね。

(1)章、レッスン構成が変わった
細かくは、いろいろな変更があるのですが、読者の方にとってもっとも大きな変化は「10日でおぼえる~なのに、10章(日)構成ではなくなった」こと。本書も8章構成です。

ではなぜ10日で~なのかと言われそうですが、実は1日4レッスン、10日で40レッスン構成というつくりに変わったのです。紙面上も今が何日目かが分かるようにゲージが追加されましたので、より計画的に学習を進められるようになっています。
#同じ10日でおぼえる~なのに、片や30レッスン、片や50レッスンという書籍ごとに分量的な偏りがなくなっています。

ちなみに、専門学校などの授業で使って頂くことを意識して、1レッスンはだいたい3~40分ほどで勉強できるような分量になっています(いえ、この辺は私が考えたわけではなく、編集部さんが決めているわけですが…)。

つまり、10日で終えるためには1日2~3時間の勉強時間をかけていただくのが望ましい、ということですね。もちろん、絶対10日で終えなければならないというものではありませんから、あとは自分のペースで進めていただければ良いと思います。
#ということで、10日で終わらない~というご指摘はご容赦を!(^^;

(補足)著者的には、全10章という縛りがなくなったことで、構成しやすくなりました。今までは10章にするために無理やり章を分けたり、統合したりしていたわけですが、そうした苦労がなくなったので、随分ラクになりました。よくよく考えてみれば、全体のボリュームという意味では、章の数よりもレッスンの数の方が分量配分の良い指針になるので、大きな改善だと思います(というか、章はほとんど体裁上の縛りでしかないので…)。

(2)山田執筆の書籍で初のオールカラー

これは山田執筆の書籍としては、ということなのですが、初のオールカラーです。過去に一度だけ「プログラミングワンダーランドへいらっしゃい JSP&サーブレット編」 という書籍で一部4色ということがあったのですが、全面カラーは初めてです。

別に大したことでないのでは、と思われるかもしれませんが、カラーだと格段に表現にも幅を持たせられるので、いろいろと気遣うところも多かったりします。
たとえば、いつも以上に挿絵を随所に織り交ぜるようにしています。カラーなのに、文章や表だけが並んでいると、殺風景さが際立つので、できるだけ見開きの中にひとつは図が入るようにしています。

脱稿時点でキャプチャ、挿絵合計で約400点あったとのことですので(ただ、キャプチャは間引いているので、最終はもっと少ないと思います)、考えてみるとすごい量です(^^;

挿絵もカラーと言うことでなるべく見やすく、親しみやすくなるような色調でまとめているつもりです。これまでカラーをあまり意識することがなかったので、意外と気を遣いました。あらためて色調やPPTの作成方法は勉強しなければ…
#オリジナルには、「分かったちゃん」??というキャラがいたのですが、山田人形(後述)に駆逐されて、あえてカットとなりました。

あとはなんといっても構文ハイライトを加えた点が大きいです。コードが格段に読みやすくなってのではないかと(編集&DTPさんは苦労されたかと思いますが…(^^;

(3)著者人形が追加されました

非常にどうでもいいですが、著者人形が表紙や紙面の随所に追加されています。
一応、作成に当たっては、著者の全身像や顔アップ、前後左右、斜めなど、何枚かの写真を提出しているのですが……正直似てないですw
最初は自分で思ってるだけかなと思っていたのですが、周囲に訊いてみたところ、ほぼ同意見だったので、やはり似てないのだと思います(^^;
以下周囲からのご意見です。
---
これは似てない(笑) 輪郭とかは合っているんだろうけど、特徴がつかみ切れていない。
---
これではイメージダウン! 私はカミさんに、薬丸裕英を小柄にした感じ、と説明しています。
---
思い出しました。この絵は山根一眞に似ていると思います。
---
ということで、本物に興味のある方はこちら(facebook)から確認ください。薬丸さんに似ているかは…不明です(汗

ということで、表紙はちょっと微妙なものの、中身的にはいろいろ工夫と改善をほどこした、新しい10日でおぼえる~シリーズです。皆さんの忌憚なきご意見、ご感想をお待ちしております。


[以下、後日追記]

書籍レビュー – 10日でおぼえるjQuery入門教室
kdaikokuさんのブログです。発売日当日、一番乗りのレビューをいただきました。本当にありがとうございます!
「JavaScriptのおさらいをしてからjQueryの説明と、僕みたいにJavaScriptはHTML3.2の頃に挫折しました的な人間には本当にありがたい丁寧さです」とのこと。1日目のJavaScript/CSS解説については、最後までどうするかを悩んだところでしたが、kdaikokuさんはじめ、有効に活用してくださった方も多かったようで、悩んだ甲斐がありました。
また、「本文がカラーになって本当にコードが見やすくなりました。カラー化って本当に大事だなと思います」とのお言葉も頂きました。注目いただいたマーカーなどは、制作時に苦労したところでしたので、評価いただきとても嬉しいです。

基本からちょっとした応用まで学習できる10日でおぼえるjQuery入門教室
ナオキさんのブログです。「JavaScriptを知らない方でも入門できる親切な導入」「入門~中級者までは網羅できる一冊」との総評ありがとうございます。
「簡易リファレンスとカラーチャートがあるのでちょっとしたときにさくっと調べたいという場合には嬉しいです」とのこと。この部分も、実は10日シリーズ本来の構成からは外れていたため、最後まで揉めた部分でしたが、活用いただいてありがたいかぎりです。
「恐らく山田さん人形が付いている」については、すみません、「恐らく」が付くくらい似ていないと専ら評判?のようです…

10日でおぼえるjQuery入門教室
dora-kouさんのブログです。レビューありがとうございます。HTML/CSSはある程度使いこなせる初級~中級デザイナーさんにおすすめ、とのこと。仰る通り、一番の読者ターゲットだと思います。

「10日でおぼえるjQuery入門教室(翔泳社)」のレビュー
zeclさんのブログです。「ダウンロードしたzipファイルの解凍、作業用フォルダの作成にいたるまで丁寧に解説されています。まさに知識ゼロから学べる「入門教室」とはこのことか!という感じの、やさしい入門書です」との総評、ありがとうございます。
仰る通り、10日でおぼえるシリーズは、本当に初心者の方々をターゲットとしており、どこまで詳しく解説すればよいのか(あるいは割愛するのか)、さじ加減に毎度悩みながら作っています。

Book Review「10日でおぼえる jQuery入門教室」
レグルスさんのブログです。
「まず、感じたことは、「とにかくわかりやすい」「楽しい」「可能性が広がる」です」「教科書のような印象なので、ストレスなく、安心して勉強できますし、だからといって、堅苦しい印象はありません」とのことでした。
「楽しみながら学習」が本書のモットーですので、とても嬉しいです。ありがとうございます。ぜひサイト制作にお役立て頂ければと思います。
余談ですが、フレブルの写真かわいいですね!

10日でおぼえるjQuery入門教室を読みました。
yasulabさんのブログです。
「既にjQueryについてある程度知識を持っている場合は、次のような手順で読むと...」と、初級者以上の読者へのご提案、ありがとうございます。
多くの方に読んでいただきたいので、このようなご意見はとても嬉しいです。
いただいたご意見を参考に、たくさんの読者に、本書を活用していただければ、と思います。

Webデザイナーの技を磨く『 10日でおぼえる jQuery 入門教室 』
ScriptWorksさんのブログです。
「他に2冊 jQueryの本 を持っていますが、分かりやすさ という点で 最初に読むべき jQuery本 として オススメ!」とのこと、ありがとうございます。
すべてのサンプルコードを実際に動かしていただき、「jQuery の DOM操作 や イベント処理 の 基本 と あぶない 落とし穴 の 原理 を 知ること ができました。」とのこと、嬉しいです。

[技術] 10日で覚えるjQuery入門教室 を頂いたの巻
KMYさんのブログです。
「入門書という事で、ローカルでの実行からXAMPPサーバの構築といった環境構築の方法やJavascriptそのものの基本的な説明も含まれていて非常にわかりやすい」とのこと、ありがとうございます。
また、「この「10日で覚える」シリーズのお約束として...実際に無理して10日でやろうとして達成出来ずに落ち込む必要は無いです。」とのこと、仰る通りかと。
編集さんから聞いたところによると、新シリーズでは、10章構成ではなく、40レッスンとすることにより、学校での授業でも利用できるように構成しているとのことでした。

『10日でおぼえる jQuery 入門教室』を読み終えて
ハムさんのブログです。
「基本をパッと学ぶには最適な一冊でした!デザイナーにとっても、基本を早く押さえておきたい!といような人は、これをまず読んでから他にとりかかると、かなりスムーズに勉強を進めることができるのではないでしょうか。」とのこと、ありがとうございます。
プログラマー向けな印象、とのご意見も参考になりました。
また、自作プラグインのサンプルがもっとほしかった、とのご意見もありがとうございます。
入門書でどこまで扱うかが悩ましいところですが、今後の書籍の参考にさせていただきたいと思います。

JQuery入門
StateMachineさんのブログです。
「IE9のF12開発者ツールについて説明されています。私は、動かしてデバッグしながら理解するタイプだったりするので、デバッグ方法がキチンとフォローされていたり、こまかい気遣いがありがたかったりします。」とのこと、ありがとうございます。
書籍として「補講」は、オマケのような扱いですが、作る際は、やはり他のレッスンと同様に力を入れているので、補講を評価していただけて、とても嬉しいです。

「10日でおぼえる jQuery入門教室」でjQueryをマスター
青木さんのブログです。
「JavaScriptとCSSを概要で知っているとはいえ、jQueryについてはほぼ知らない私にとっては、本当に良い本でした。」とのこと、ありがとうございます。
企画当初は、JavaScriptやスタイルシートの基本を扱うかどうか、かなり悩んだのですが、入れて正解だったようで喜んでおります。
JavaScript+CSSで頑張って操作してきたことがjQueryではセレクターを使うことでシンプルに操作できる、とのこと、まさにですね。
ほんの数行でいろんなことができて、本当に面白いと思います。

« 2011年5月 | トップページ | 2011年12月 »