無料ブログはココログ

Communication

« 2011年6月 | トップページ | 2012年2月 »

2011年12月

2011年12月25日 (日)

今年も残りわずか

山田奈美です。
早いもので今年も残すところあと一週間。
今日は、クリスマスイブということで夕食後に家族でケーキを食べました。
ケーキを切り分けた後で、ろうそくが付いていたことに気づき、仕方なく1人1本ずつ自分のお皿のケーキにろうそくを立てて吹き消すことに。
火をつけると、4歳の息子がおもむろに
「誕生日はうれしいな!」と歌い始め、笑ってしまいました。
クリスマスは、まだわからないようなので、おそらくサンタさんも来ないかも?

さて、WINGSの方はメンバーの方々が今年も頑張ってくださいました。
今日は、12/3に発売された「C#ポケットリファレンス」と来年1/6に発売される
「Windows Azure Platform開発入門」を紹介します。

9784774149486C#ポケットリファレンス

WINGSプロジェクト 土井毅/高江賢/飯島聡/高尾哲朗/著
山田祥寛/監修
株式会社 技術評論社/発行
定価 2,580円(税込)
四六版・ 488ページ・ 2色
ISBN 978-4-7741-4948-6
発刊日: 2011年12月3日


13年のロングセラーシリーズであるポケットリファレンスのC#が登場。
忘れてしまいがちな書式や振る舞いをコンパクトなサイズに凝縮。逆引きで目的からすぐに探せて、サンプルで具体的な実装イメージをつかめます。
当初、単著の予定でしたが、企画時の構成段階から何度も何度も書き直し、途中で共著に切り替えて、いろいろな意見を取り込んで作り上げました。

9784822294656Windows Azure Platform開発入門

WINGSプロジェクト 森島政人/広瀬嘉久/大和屋貴仁/土井毅/安東沙織/著
山田祥寛/監修
日経BP社/発行
定価 3,990円(税込)
B5変版・ 340ページ・ 1色
ISBN 978-4-8222-9465-6
発刊日: 2012年1月6日


Windows Azureの入門書です。Azureに興味はあるけど、どこから手を付けたら良いのかわからない、という方にお勧めの1冊。全体像を掴みやすいようにコンパクトにまとまっています。
著者陣は、脱稿後/校正中の度重なるバージョンアップに大変苦労していました。「せっかく、キャプチャをとりなおしたのに、また変わった~」と嘆いたり、「日本語版早く出てくれ~」と祈ったり...
本当にお疲れ様でした。


[以下、追記]

何人かの方がブログで書評を書いてくださいました。
勝手ながら、以下にご紹介させていただきます。みなさま、ありがとうございます!

○C#ポケットリファレンス
http://daidev1976.wordpress.com/
→大黒さんのブログです。「本書で特筆すべきは、LINQの項目では各項目にクエリ形式とメソッド形式の両方の構文を載せている点です。」「基本文法などもしっかり学べますし、何より読みやすいので取っつきやすいかと思います。」とのこと、ありがとうございます。リファレンスは、字数の制限も強く、いかにコンパクトに内容を盛り込むか、読みやすくできるか、各著者とも苦労されていたので、嬉しいです。

http://techblog.hilife-jp.info/2011/12/c.html
→田中さんのブログです。おすすめな点は「プログラミング言語としてのC#の説明に重きを置いている点」もう一つな点は「コード書いていて見かける/使うけど、この本に載っていない(ドキュメンテーションコメントやプリプロセッサ)」とのこと、ご意見ありがとうございます。お褒めの言葉だけでなく、ご指摘ご意見いただけるのは、本当にありがたいです。次回以降に、反映させてまいりたいと思います。

http://takanosho.wordpress.com/2011/12/12/pocket_reference_csharp/
→高野さんのブログです。「リファレンスとして、C#の範疇だけではなく、ファイルIO、Webアクセス、データベースアクセスまでカバーしてあり、非常に素晴らしいと思いました。」とのこと、ありがとうございます。また、「少し残念な話」でのご指摘もありがとうございます。著者より回答をコメントさせていただきました。また間違いにつきましては、サポートページの本書訂正にも反映させていただきました。

http://d.hatena.ne.jp/aoki1210/20111211/p1
→青木さんのブログです。「知っているつもりのC#に、実は便利な機能があることを効率よく学ぶことができました。」「気軽に読める楽しい本でした。」とのこと、ありがとうございます。著者陣も、できる限りコンパクトに分かりやすく、と苦労されていたので、嬉しいです。

« 2011年6月 | トップページ | 2012年2月 »